吉田守孝 氏 講演会 「ものづくりの今」 ※開催中止のお知らせ

0

     

    ※3月6日(金)に予定しておりました

    『吉田守孝氏 講演会「ものつくりの今」

       −プロダクトデザイン・商品開発から流通まで−』は、

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催中止とさせていただきます。

    誠に申し訳ございません。

    ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

     

    今後、同講演会を開催の場合は、当ホームページにてお知らせさせていただきます。

     

     

     

    鳥取県の民工芸・伝統工芸の次世代のための研修会

    今年度は、プロダクトデザイナーの吉田守孝さん(ヨシタ手工業デザイン室 代表)をお招きし

    「ものづくりの今」−プロダクトデザイン・商品開発から流通まで−

    と題した講演会を開催いたします。

     

     

     

     

     

     

    日時 2020年 3月6日(金)  14:00−15:30(開場 13:30−) ※開催中止
    会場 鳥取県立博物館 2F 会議室 (鳥取市東町2丁目124)
    入場 無料 (先着順・40名程度)

    主催 一般社団法人 鳥取県物産協会 
    共催 鳥取県

     

    内容

    ステンレス製品や木工品など、手触りや五感を大切に、人々の暮らしに寄り添う道具をデザイン され

    続けている吉田氏。近年では、廃棄される磁器を再生し販売する「トリップウエア‐旅する うつわ‐」

    の活動や、町工場とともに日本の地場産業の技術を活かした製品開発もされています。 自ら販売まで

    手がけられる吉田氏に、地域や社会の中で、ものづくりの果たす役割や意味につい て伺います。そし

    て、ものづくりの幸せな循環が、未来につながっていくために、今必要なことは何か、考えていきます。
     

    講師プロフィール

    吉田守孝 (ヨシタ手工業デザイン室 代表)

    1965年、石川県小松市生まれ。

    金沢美術工芸大学 工業デザイン専攻に在学中、柳宗理先生の講義を受け(財)柳工業デザイン研究会

    に卒業後入所。所員として23年間、柳宗理先生に師事しデザイン活動を経験。2011年に独立。東京

    小金井市の自宅に工房を構え「ヨシタ手工業デザイン室」を始める。セルフプロダクトから開始し、

    センヌキからスタートしたラウンドバーシリーズを展開、その後、陶磁器、ツメキリ、包丁のシリー

    ズなど様々な製品をデザインし、販売まで手がけている。 2019年6月から3ヶ月にわたり瀬戸市の

    新世紀工芸館にて「DESIGN –The Respective Thought / デザイン −それぞれの思考− 吉田守孝/

    田上知之介」が開催され、これまでデザインした製品のすべてが展示された。

    多摩美術大学非常勤講師 、十文字女子大学非常勤講師、長岡造形大学非常勤講師

    http://www.yoshitadesign.com

     

     

    お問合せ:鳥取県物産協会 0857(29)0021