蟹取県松葉がにシーズン2017

0

    鳥取の冬の味覚の王様、ズワイガニの漁が今年も11月6日(月)に解禁されました。

    11月7日(火)の初せり後、各地のデパートやスーパーにも出荷される予定です。

    見かけられたら、ぜひご賞味ください!

     

     

     

     

    松葉がに:11月6日(月)〜2018年3月20日(火)
    親がに :11月6日(月)〜12月31日(日)
    若松葉 :2018年1月20日(土)〜2月28日(水)

     

    蟹取県の松葉がにについてはこちら
    蟹取県ウェルカニキャンペーンもやってます!

     

     


    鳥取県中部地震からまもなく1年。

    0

      昨年の10月21日におこった鳥取県中部地震から、まもなく1年をむかえます。

       

      倉吉市の中野竹藝さん(赤瓦3号館・竹蔵)も、地震により、壁が崩れ落ち大きな被害を受けらました。

      その後、赤瓦1号館のみで営業されていました。

      赤瓦3号館・竹蔵は、壁の修復に時間がかかったそうですが、今年7月に再開されました。

       

       

      赤瓦3号館・竹蔵の現在の外観です。壁は、綺麗に修復されています。

       

      店内の様子。

       

      鳥取県中部の皆様は、寒い季節に大変なおもいをされたと思います。復興はすすめられていますが、

      現在も不自由な生活を余儀なくされておられる方々もいらっしゃると思います。

      皆さまのお暮らしが、安心でき心穏やかであること、そういう日々が続くことをお祈りいたします。

       

      1年の節目の10月21日には、「鳥取中部福興祭」及び「鳥取県中部地震1年フォーラム」が開催されます。

      詳しくは、こちらをご覧ください:鳥取県HP

       

      倉吉博物館では「復興祈念展ー花が咲くー」が開催中です。

      詳しくは、こちらをご覧ください:倉吉博物館HP

       

       

       

       


      とっとり県民の日

      0

        9月12日はとっとり県民の日です!

         

        明治14年に現在の鳥取県が誕生した日にちなみ、平成10年より、9月12日が「とっとり県民の日」

        として制定されました。


        この「とっとり県民の日」を定めた条例では、この日は「県民が、ふるさとについての理解と関心を

        深めるとともに、ふるさとを愛する心を育て、もって自信と誇りの持てる鳥取県を力を合わせて築き

        上げることを期する日」とされています。

        この日をきっかけに、自分の住む地域のことをもう一度考えてみませんか。

         

        詳しくは、こちらをご覧ください! 鳥取県HP

         


        鳥取県物産協会 会員の上嶋敏正さんのご紹介

        0

          上嶋さんは、とても多才な方で、さまざまなお仕事をしておられます!

           

          鳥取駅前の商店街を歩いていると、迫力ある麒麟獅子(きりんじし)のベンチをいくつか見かけます。
          この木彫りのベンチを作られたのが、上嶋さんです。

           

           


          麒麟獅子の表情が、それぞれ違いますので、見比べてみられるのも楽しいと思います。

           

          上嶋さんは、麒麟獅子舞の際の獅子頭なども作られています。

          ※麒麟獅子舞は、因幡地方(鳥取県東部)と但馬地方に古くから伝わる獅子舞です。
           鳥取藩主池田光仲が、慶安3年に鳥取の樗谿(おおちだに)に日光東照宮の御神霊を祀る鳥取東照宮

           を建立し、2年後の承応元年(1652)に、その祭礼の行列に麒麟獅子舞を登場させたのが始ま

           りだと考えられています。

           

          麒麟獅子について詳しくは、こちらをご覧ください!

          鳥取伝統芸能アーカイブ    

          鳥取市公式ウエブサイト

           

          他にも、木の器やカトラリー、玩具なども作られています。

           

           


          こちらは、菓子型。菓子型を自ら彫られて、お干菓子や落雁も作られます。

          鯛の菓子型

           

          季節ごとの可愛らしいお花の落雁

           

          落雁とお干菓子。木のお皿も上嶋さん作です。

           

          これからのお月見の季節にぴったりのお菓子、「お月見うさぎ」。

          満月に見立ててられたふやきせんべいと可愛らしいうさぎのお干菓子のセットです。

          初秋の美しい月を眺めながら、美味しいお菓子をいただく… 贅沢な時間ですね。

           

          お菓子についてはこちらをご覧ください!  創作菓子 悠

           

           

           

           

           

           


          岸田手袋手袋靴下製造所の「5本指あしぶくろ」 新色出ました!

          0

             

             

            岸田手袋手袋靴下製造所では、「メイドイン鳥取」にこだわり、熟練の職人がひとつひとつ丁寧に

            ニット織製品を製造しています。

            この5本指あしぶくろは、土踏まずにフィットして、とっても履き心地が良いです。

            この度、カラフルな新色が出ました。

            世界に一つだけのカラーで、個性をアピールできますよ!

             

            お問合せ

            岸田手袋手袋靴下製造所

            住所:鳥取県鳥取市用瀬町別府361
            電話:0858-87-3009

             

             

             


            おぐら屋さんの木彫十二支

            0

              おぐら屋さんは、鳥取県東部の岩美郡岩井で、木彫の十二支の郷土玩具を作られています。

               

              来年の干支、戌(いぬ)の目の絵付けを実演して下さる鳥取県の伝統工芸士、小椋愛子さん。
              目は、息をとめて集中して入れられるそうです。
               

              今年の干支の酉(とり)と十二支。

               

              何とも魅力的な、可愛らしい表情の酉(とり)です。

               

              すでに来年の干支の戌(いぬ)を製作されています。
              製作途中の戌と、完成された戌。
              一つ一つ手作りのため、微妙に表情が違います。

               

              乾燥させたエゴの木をろくろで挽き、そのパーツを組み合わせ、
              胡粉を膠でといて下地を塗り、泥絵の具を調合して絵付けをして作られます。

               

              お店と工房。
              横に立てかけられているのは、エゴの木です。

               

              お問合せ
              おぐら屋
              住所:鳥取県岩美郡岩井319
              電話:0857−72−0520

               


              saon 大家具子さんのガラス

              0

                梅雨の蒸し暑い季節、涼やかなガラスの器を紹介させていただきます。

                鳥取県倉吉市のガラス作家、大家具子さんのガラスの器です。

                 

                 

                窓から入る光をうけて、ガラスがよりいっそう透き通り、きらりと光って見えます。

                 

                  

                 

                シンプルで美しく、生活の中にすっと溶け込むような大家さんのガラス。
                これからの季節、サラダやデザート、冷製パスタなどにも合いそうです。

                 

                お問合せ

                saon

                住所:鳥取県倉吉市魚町2521−1F
                電話:0858−38−9023

                 

                 

                 


                倉吉絣 のご紹介

                0

                  倉吉絣は絵をそのまま織り込んだような、精緻な絵絣が特徴です。

                  すべて手作業で、丁寧に織り上げられています。

                   

                  鶴、亀、松、梅、七宝、唐草などの、縁起の良い吉祥文様も多く用いられています。

                   

                  倉吉ふるさと工芸館では、美しい倉吉絣の作品(のれん、手提げバック、Tシャツ、お財布など)

                  が展示販売されており、実際に機織りの実演を見学することも出来ます。

                   

                  今の季節にぴったりの、紫陽花とかたつむりの絵柄のポーチや、青海波の巾着など。

                   

                  粋な合切袋(男性にも素敵です)や、はこた人形(愛らしい倉吉の郷土玩具)と桜の柄の敷物など。

                   

                  倉吉ふるさと工芸館
                  所在地  鳥取県倉吉市東仲町2606
                  TEL     0858-23-2255
                  時間   9:00〜17:00
                  定休日  毎週水曜日、年末年始


                  しまいべ織

                  0

                    しまいべ織は、木綿糸を藍で染め一間機(いっけんばた)で織った因幡の手織りです。

                     

                    作り手の、森原潔子さんです。

                     

                     

                    四枚の綜絖(そうこう)に糸を計算して通し、
                    4本の踏木を踏む足の順番によって織り柄を作り出します。

                     

                    あたたかみがありつつ、上品で洗練された美しさのある新作柄のコースターです。

                     


                    「鳥取すいか」シーズン到来!

                    0

                      大山山麓の豊かな黒ぼく土壌で育った「鳥取すいか」のシーズンがやってきました!
                      今年も5月の好天と昼夜の温度差のおかげで、あまくて美味しいすいかが

                      出来上がっています。

                       

                      ※詳しくは、こちらをご覧ください!

                      鳥取県 HP:http://www.pref.tottori.lg.jp/267236.htm

                      食のみやこ:http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=178200

                      JA鳥取中央:http://www.ja-tottorichuou.or.jp/news/detail.php?id=469

                       

                       


                      << | 2/3PAGES | >>